FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

手作り食について

私はわんこ達に手作り食を半分、ドライを半分くらいの割合で与えてます。
110123_0917~01


でも、どうせなら全部手作りにしたいな、とか思うこともあります。

確かに大変だから、今すぐ全部は無理です。


あと、ちょっと『 手作り食を与えたら栄養バランスが崩れそうで心配 』
という感じもあります。

「手作り食には興味はあるけれど栄養バランスがなぁ・・・」

って感じですよね。


私もわんこの健康にはとても興味があるので、色々なサイトでチェックしています。

果たして栄養バランスというのはそんなに簡単に崩れるものなのでしょうか?

栄養バランスの摂れた食事とは・・・

必要な栄養素が多くも少なくもなく、歳相応に必要なエネルギーを摂れる
食事といったところでしょうか。

でも、ペットフードに関しては『栄養バランスが摂れている』という意味が若干違っているようです。

ペットフードの『栄養バランスが摂れている』というのは、『基準値を満たしている』

という意味なんだそうです。

110125_1520~01

AAFCO(アーフコ)という米国の機関がフードの栄養基準値を出していますが、

『その基準値を満たしている』というのがペットフードでいうところの

『栄養バランスが摂れている』という意味なんだそうです。

ペットフードの『栄養バランスがとれている』
=『AAFCO(アーフコ)という米国の機関基準値を満たしている』
という内容になるんですかね~。


では手作り食で気なる『栄養バランス』ですが・・・

話はちょっとそれますが、普段、自分&ご家族の食事を作る時栄養学の
知識を駆使し完璧な栄養バランスの食事を作られていますか?

私をはじめ、多分、大多数のご家庭の主婦の方は、そんな栄養学なんて気にしながら
毎日毎日は作っていないと思います。

多分、ご自分の感覚で、
『昨日はお肉だったから今日は魚、野菜にしよう!』

『このところ、外食ばかりでお野菜が足りないから、今日はたっぷり摂ろう』

『たまには海草を食べよう!』などなど・・・。

そんな主婦のその感覚って非常に大事だと思うんです。

栄養バランスに対してそれほど神経質にならなくても、自分の感覚を信じて
大丈夫だと思います。

『ステーキ(肉)、ポテト(野菜)、コーラ(炭水化物)とサプリを飲んでます!』
といった感覚でない限り問題はないのです。

アメリカの方はよくそういう感じの方いますよね。

ポテトチップを食べながら、ダイエットコークを飲んでいるとか・・・・

おっと話はずれましたが・・・

そうそう栄養バランスは簡単には崩れないと思います。

私たちより上の世代、戦争を経験している世代の人はおいもばかりを食べていても
今すごい長寿世代です。


極端に偏らなければ、週単位、月単位くらいで大丈夫と考えて
良いと思います。

一昔前は1日23品目とか言われてましたよね。

今は週単位とか月単位でバランスが取れれば良い、という話をよく聞きます。

わんこ達の手作り食も同じだと思います。

自分達も動物も理想的な栄養を摂れていることは極めてまれだと思います。

野生の動物だって毎日おいしいお肉が摂れるとは限りませんものね。

手作り食の割合としては

犬 → 「肉・魚 : 野菜 : 穀類」、「1 : 1 : 1」

猫 → 「肉・魚 : 野菜 : 穀類」、「6 : 2 : 2」 ~ 「8 : 1 : 1」という割合だそうです。

このバランスであれば栄養バンラスが崩れることはまずないそうです。

実は、この手作り食やわんこの栄養に関して

とても以前から興味があったので、今月末に

動物の栄養学の講習を受けてきます。

基本はドックフードに関係するような事みたいですが、内容としては
動物の解剖学をはじめとした、かなりヘビーな内容みたいです。

私としては、「わんこ達の為に、ひたすら頑張ります!」

と言いたいのですが、正直、どうやって寝ないでいれるか・・・

寝ている姿を見つからないか、という心配が先に立ちますが・・・(^_^;)

久々の勉強です。
パソコンのインストラクターをしていた頃、色々な
講習を受けましたが、あれは実践が多かったので、寝てなどはいられなかったのですが
今回はひたすら講義だと思います。

獣医さんとかが多いとかなので、多分、ついて行けないでしょ・・・

眠眠打破(ドリンク剤)は必須だわ・・・

※色々なサイトから参考にさせて頂きました。








コメントを見る(0)

コメントを書く

続きを読む

▲このページのトップへ戻る