FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

花粉症の症状ランキングとヘビィな老犬介護

皆さんの花粉症、今年はいかがですか?


花粉症の症状って一般的に鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、というのが多いですよね。

私は今年まで自分が花粉症だとあまり自覚したことはなかったのですが、数年前から
もしや、と思うことが多々ありました。

でも、、すごい鼻水も、くしゃみも、目のかゆみもないのです。

ただ、この季節、異常にだるく眠いのです。

そう考えるとこの症状はもう10年以上前からあるのです。風邪の引きかけのような
あの微熱のあるだるさです。

そして、異常に眠いのです。春のせいだと思っていたのですが、快い眠気ではなく
もう、起きていられないくらいだるいのです。

それでちょっと調べてみたら「花粉症症状別ランキング」というのがありました。

ここでは7位に「眠い、だるい」というのが入ってました。そして、私と同じように、鼻水とかくしゃみが
ないのに、という方が結構いました。

そうだったのね、私も花粉症。

分かりづらいやつめ((+_+))

そんな中、わんずの熱い視線にせかされて、花粉舞い散る風の中を
お散歩に行ってきましたよ(+o+)

第一グループのさっちゃんはノリノリ・・

IMG_9179 (500x375)

行きたくないけど、この季節が一番、わんずにとっては暑くもなく寒くもない
良い季節でもあるのよね。

なんか、皆嬉しそうです。キキちゃんも甘えまくり。

IMG_9194 (500x375)

メイちゃんも走っているし・・・

IMG_9186 (500x375)

頑張るしかないわね、あと少し、と言いたいんですが、私の場合
スギ花粉のパッチテストでは出てなかったんですよね。

じゃあ、何?GW後も続くし・・・

第2グループのアラモも随分歩くようになりました。
親分のご指南を受けてます。

IMG_9206 (500x375)

このおばかちんは歩く気なしです((+_+))

IMG_9201 (500x375)

そろそろアラモ、募集をかけないとね~。トイレもほぼ外さなくなったしね。

できればあまり我が家に慣れない内に里親さんを探したいんだけどね。

IMG_9173 (500x375)

今のお仕事が終わったら、来週くらいには募集をかけようかと思ってます。



最近、ミル婆ちゃん、わんこ用のステンレスの食器だと食べづらそうなので、
カレー用のお皿に変えてみました。

ちょっとファンキーな顔をしてますが・・・

IMG_9163 (500x375)

上手く舌を使ってすくえないのか、カチカチと歯が食器にぶつかる音がします。

IMG_9165 (500x375)

まあ、老人介護ならぬ老犬介護ですが、やはり結構大変です。

ご飯の時も見てないと引っくり返しますしね。

IMG_9166 (500x375)

今朝は、なんか異様なにおいに目が覚めたら・・・

ぎゃ~~(;O;)

IMG_9157 (500x375)

速攻お風呂場です。このシーツもどうしようか悩んで、結局はお風呂場で洗って
その後、お洗濯しましたよ。

捨てようかとも思ったのですが、何度もこういう事があるので、そのたびに
捨ててたらきりがないのです。

お風呂場でうんPを流し、洗濯して、その後に一度層洗浄コースをやって
それからわんこの小物を洗い・・・という過程です。

やっぱり老犬介護は大変だな~ってしみじみ思います。
老人介護はもっと大変。

されている方、大変だな~って思いますよ。

私の友人の介護でも、お義父さんが帰ったら自分のうんPを壁に塗っていたそうな。

涙が出た、って言っていた。ミルクはそれはないからな~。踏みまくって、肉球がうんP
まみれにはなっているけどね。

コメントを見る(3)

 by leoパパ
花粉症の方にとっては、辛い季節ですね。
幸い、自分は、まだ、今のところは・・・
そんな中、お散歩、お疲れ様でした。
やっぱり、みんなお外は楽しいみたいですね。

ミル婆ちゃんの介護、大変ですが、ショコママさんに面倒を見てもらえる、ミルちゃんは、ほんと、幸せだと思います。

 by Lucu ママ
花粉デビューしちゃったのね。私はまだ違うって言い張っています(笑)ちびっこと遊んだ後にミルばあちゃんの老犬介護・・・・・楽しい後に試練が待っているのねv-406無理せず腰には気をつけてね~
Leoパパへ by ショコママ
花粉症だと気付いたのはつい最近。なんかだるい、眠い、というのが花粉症から来る、と発覚。でも、そうはいってもわんこ達がいるから昼寝もできないのよね。
まあ、わんこのお世話は自分が望んでやっていることだから、決して辛くはないんですけどね。ただ、眠い。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る