FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

耳切れプードル


☆日本ブログ村のバナーはどちらを押しても自動的に振り分けられます。
それぞれを押すと本日のジャンルでの順位がわかります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村




          ☆ご支援を頂くと助かります

●ドライフード:SOLVIDA 他(添加物の少ないもの)
●缶フード:デビフ缶 他(添加物の少ないもの)
●ドライ野菜、ドライおからなど
●トイレシート(厚手のものが助かります)
●わんこグッズ(ハーネス、リード、首輪、服など)
●ベッド



里親募集中

●レーチェ(ポメラニアン白♀4~5才)4.7キロ。
フレンドリーで甘えん坊です。
人も犬も大丈夫です。
預かりママさんのおうちにいます。下の写真からブログに
飛びます。

mini2P1340791.jpg

●パイン(チワワ ♂7才)2.5くらい。
最初の内だけビビリ犬ですが、数日すると人も犬も大丈夫に
なります。歯はないですが、ドライも大丈夫です。

※大阪に移動しました。関西周辺の方、パインをどうぞよろしく
お願いします!
※写真から預かりママのブログに飛びます。

mini2P1340805.jpg


●モッチー(フレンチブル♀6~7才)8.7キロ
とても穏やかでフレンドリーです。病歴無し
☆トライアル予定です!

mini2IMG_9401.jpg

●シフォン(シーズ♂6ヶ月)4.3キロ
まだまだお子ちゃまですので、手はかかります。
甘えん坊でフレンドリー。
ショコママのおうちにいます。

mini2P1350939.jpg

●小麦(チワワ♀6~7才)3.4キロ。
穏やかで癒し系です。
フレンドリー、甘えん坊です。

mini2DSC_2005-2.jpg

●ジュレ(ポメラニアン♀4~5才)2.5キロ
人は大好き、犬は多少好き嫌いあり
目は見えませんが特に不自由はしません。

※写真から預かりママのブログに飛びます。

mini2IMG_9346.jpg

●ユズ(ポメラニアン♀4~5才)1.7キロ
人は大好き、犬は多少好き嫌いあり
目は見えませんが特に不自由はしません。
※預かりママのおうちにいます。

mini2P1350638.jpg



ハッピー犬屋敷のハンドメイド班の
あとまみさんとロンひなママが
ハンドメイドのお店をオープンしました!

Heartbeat・・ハートビート
どうぞ、覗いてみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓
heartbeatS-thumbnail2.jpg

新作やカンガルーエプロンもお二人のブログから
ご覧になれますよ♪


ご寄付を頂きました。

いつもお心配り頂いてますSky&waveママからです。

ドライや缶フード、手作りにとても助かるドライ野菜やおから。

mini2P1350944.jpg

ちょうどドライのお野菜が切れていて、しかも
生のお野菜もめちゃ高いな~と思っていたところでした。

mini2P1350945.jpg

ハッピー犬屋敷合宿所にも又ニューフェイスが来ています。

最初は好き嫌いの多いわんこ達なので缶フードも助かります。
ありがとうございました!

mini2P1350943.jpg


本日の記事です。

モッチーと小麦、シフォンを健康診断、血液検査に連れて行きました。
お預けして、結果OKなら避妊と去勢をします。


昨日、乳腺腫瘍とかはないかな、と一応素人ながらも
チェックしたのですが、チワワの小麦ちゃんが下の方の
おっぱいが硬い感じがあります。
部分的なしこりというよりはおっぱい全体が硬いのです。

mini2IMG_9444.jpg

心配なので確認して頂いたのですが、鼠径ヘルニアの恐れが
あるそうです。
片方は完全にそうですが、もう片方のおっぱいもヘルニアが
出て来ているようです。

なので、避妊の際に一緒に塞いでしまうようになります。

小麦ちゃんの性格、すごく良いです。
チワワの場合、ビビリが強いので、
まー1回2回は噛まれるかな、という
覚悟でいつも引き取るのですが、
小麦ちゃんは最初からフレンドリーでした。

こぼれ落ちそうなうるうるした大きな目で
「抱っこして~」と訴えて来ます。

mini2IMG_9443.jpg

とてもお勧めの癒し系です。


繁殖犬だった子は
どの子も何度も子供を産まされています。
無理を重ねた体は時に悲鳴をあげている場合もあります。

mini2P1350835.jpg
※画像はimageです。

若くて健康で、人なつこい子がいいです、とご希望される方がいます。


でも、繁殖犬だった子は、体は疲れ果てていて、精神的にも
暗い子も多いです。
そりゃあそうですよね。

成犬でも、ちゃんとトイレができなかったり、
置いて行かれると不安から後追い吠が出たり、
ストーカーになったり、何がおもちゃで何がいけないものか
わからないから、思いもかけないようなものを壊してしまったり、
色々あると思います。

mini2P1350948.jpg
※画像はimageです。

mini2CIMG0541.jpg

※画像はimageですが・・・(笑)



ま、必ずしも保護犬だけではありませんが、
社会に長い事出てなかった分、出来ないことは
多いと思います。



だって、誰も教えてくれてないんですからね。


里親様のご希望も、正直、わかりますよ。


でもね、少なくても健康に関しましては
沢山苦労した体は、今日健康でも
明日はわかりません。

勿論、それは子犬でペットショップで買った子でも同じだとは
思いますが・・・・

それよりはリスクは高いと思います。
病気になればお金もかかります。

病気になれば通院や介護も必要になります。

病気になった・・・・

「ああ、この子は保護犬だったからだ、
やっぱりやめておけば良かった」

どうですか、そんなことを思ってしまいそうな自分が
どこかにいませんか?

いるなら、止めた方がいいです。


どんな状況になろうと、

一旦家族にしたら・・・

犬だからとか保護犬だから、とか思わずに
全てを受け入れる覚悟で
手を挙げて頂けたら、と思います。


私はブログであまりこの子達がどんだけ苦労したかとか
可哀相だから、助けて下さい、というのを書かないようにしてます。

保護犬は皆、当然過去は可哀想な子達です。

酷い状況で来る子が殆どです。

mini2IMG_4239.jpg

この写真見て、誰だっけな・・・と思ってしまいます。

mini2IMG_4246.jpg

でも、逆に言えばラッキーな子達でもあります。
この時より悪くなることはないのです。


miniP1200293.jpg


助けてもらえない、助けられなかった子が世の中には
沢山います。
クモの糸を掴めたこの子達はラッキーな子でもあります。


人間の愛情を知って笑顔を取り戻しつつある今を
どうぞ見てあげて下さい。


そして、長い間苦労した子達が

今まで与えられなかったもの・・・

例えば人の手は
なでなでしたり、お散歩に連れて行ってくれたり、
ボールをなげてくれたりするということ・・・
人の声は自分の名前をやさしく呼んでくれたり、
カワイイ、カワイイと言ってくれたりするということ・・・



沢山の経験、お散歩、自由でストレスのない生活、
へそ天で無防備に寝れること

一般の家庭犬では当然のことを
この子達は何も知らなかったんです。

miniP1200556.jpg

だから、ハッピー犬屋敷合宿所や預かりママんちの
ホームスティでそんなことをちらりと学習中です。



里親になられる方も、ペットという感覚ではなく、
大切な家族になってあげて頂きたいなと思います。

この子のいない生活が考えられない、と思って下さることが
1番嬉しいです。

miniP1200325.jpg

いつも当たり前に思っていることなのですが、
再認識させて頂くお便りを頂きました。


ワンコは元ムース、今はボンボンです。
耳切れ君、覚えていらっしゃいますか。


ボンちゃん、元気にしていますのでご安心ください。
うっとりするくらい、本当にカワイイ子ですよ(親バカ)。
そして、ひょうきん(笑)
簡単ですがご報告まで。

ボンボン



ボンボン君の右の耳は途中からありません。

実はこのボンボン君、確かティーカップ程度の小さなプードル
でした。
とても美形で、多分種雄としてブリーダーの紹介写真とかに
載っていたのでは、と思います。

なぜなら、来た時に汚れてはいたものの、カットがよくショーに出すような
カットをしていたのです。
これがうちの種雄です、という感じだったのでは。


なので、そのカットの部分を生かして、ショコママもトリマーさんに
トリミングをお願いしました。

mini2P1250378.jpg
mini2P1250383.jpg
mini2P1250363.jpg


その状態のまま預かりママさんにお願いしたのですが、
いざ里親様が決まって、我が家に一旦戻って来た際に、
なんと片方の耳が半分近く切れていたのです。

それは連れて来る前のボラさんの自己申告で知りました。

「耳が半分から下が切れているんです」と。

とにかく連れて来て頂きました。
そうしたら、切れてる耳は完全に乾燥して
まるでビーフ―ジャーキーのように
長めにしていた毛にぶら下がってました。

どうして、と聞いても「わからない」と。

私の勝手な想像ですが、ブラッシングをしないので、
毛がどんどん絡まって毛玉が出来てしまった。

それを小学生のお子さんが毛玉と耳を間違って
切ってしまった。

どうしたらいいかわからないから親には黙っていた、と。

喩えそうであったとしても、それに気づかないの?と。
犬は痛がっている筈だし、血も出ていた筈。

私の家に連れて来るまで耳の切れ端がぶら下がっていた
状態で気づかなかった、と。

本当は山のように言いたいことがありましたが・・・

何となく今このご家庭にも何かが起きているような気がして、
何も咎めずわんちゃんだけ受け取りました。


そんな事情を里親様にもお話しました。
これから病院で治療しますが、切れた耳はもう
戻らないでしょう、と。
なので、もう一度里親のお話も考えて下さっていいですよ、と
お話しました。

里親様は耳が半分ないことなど、全然気にされず、
むしろご自身で病院で治療するからそのままでも
いいですよ、と言って下さいました。

いえいえ、私の気が済みませんから、と一通りの治療をして、
お渡ししました。

そして、今ではかけがいのないわが子と思って
大切にして下さっています。

事故というよりはそれは完全に管理ミス、もしくは
ケアもしないでただ預かっていただけの
状態だったのでは、と思います。
半月くらいの間にものすごい毛玉になってましたから。
すごい毛玉のまま戻って来ました。

ママさんが3日に1回でもブラッシングして下さっていたら
耳が切れてることに気付くはずです。
カピカピになるまで放っておかれたボンボンの痛みを
思って、あの時は正直落ち込みました。
ボンボンに悪かったなぁ~と。

こんなになるなら、まだ我が家にいた方が
良かったのでは・・・とショックでした。


ショコママが預かりママさんを探すのは、少しでも
保護犬達が里親様を探す間も、より家庭に近い状況で、
快適に過ごせるように、と願ってからのことです。

でも、やはりいい教訓になりました。

彼女のことも恨んではいません。

私が未熟だったせいです。
その方を選んだのはショコママですし、
もっと注意事項も説明しないとならなかったのですからね。
今は預かりママのガイドラインも作っています。

他のサポートして下さっているボラさんも同じですが、
ハッピー犬屋敷は個人の皆さんのご厚意とサポートと
愛で成り立っています。

ガチガチの管理はありません。
本気の愛情を持って下さればいいだけです。
そして、その子に目を向ける時間を毎日作ってあげて
いただければと思います。

久々にメールを頂いて・・・

ふと、今年の1月くらいのお話を思い出しました。

その時は・・・・

被害者、被害犬はボンボン(元ムース)だけど、
なんとなく私がそのことを記事に書いたら、
預かりママの気持ちがどうなのかな、とか
お子様達がどう思うのかな、とか
気を使って書けませんでした。


もう半年以上経つからいいわね。

耳切れプードルのムース⇒ボンボンを

かけがいのない家族にして下さって、本当にありがとうございます。

海外生活の長かったお二人です。

mini2IMG_4694.jpg

ヨーロッパなどでは犬に対する扱いが日本とは比べものに
なりません。

mini2IMG_4707.jpg

そのことをよくご理解頂いてるので、何の抵抗もなく、
当たり前のようにムース(現ボンボン)を迎えて下さいました。

mini2IMG_4703.jpg


「うっとりするくらい、本当にカワイイ子ですよ(親バカ)」

そんなお言葉が・・・

1番嬉しいです。


☆そしてもう1つショコママが上のようなことを書いた
理由があります。

それは次回・・・・


☆アンケートフォーム☆
掲載のわんちゃんにご興味のある方は
下記のわんちゃんをクリックしてアンケートに
ご記入下さい。

申し込み2

アンケートにご記入がない場合は
お返事できませんのでご了承くださいませ。

正式募集前でも条件的に良い方がおりましたら
お話を進めさせて頂く場合がございます。


お話が決まりましても、お渡しは避妊、医療措置が終わりましてからになります。
又、わんこの体調や性格によっては譲渡の延期や中止もありえます。
どうぞご了承くださいませ。

コメントやメールフォームで
ボランティアや里親希望のお申し出を頂くことがありますが、
携帯からの場合、お返事をしても戻って来てしまうことが多々あります。
パソコンからの拒否設定やメアドなどの間違いもあるようです。

ボランティアのお申込みは下記フォームを常設に
載せるように致しました。ご協力頂けます方は
どうぞ宜しくお願いします。
(里親様の場合、その旨ご記入下さい。内容に変更がなければ簡単で結構です)
※下の写真からリンクしてます!

ボランティアお申込み



保護犬を知って頂く為に、ポチッとご協力お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

コメントを見る(9)

繁殖犬について by りょう
こんばんは。いつも、かかさずに見ています。
ここから犬をうちに迎えたいので。
13才のポメラニアンが元気をなくしてきています。
日によって、様子が違います。
せめてご飯をと思い手作りにカリカリまぜています。
8才のポメラニアンは繁殖犬でした。
3才で引き取り、5年たちましたが、腹だしては寝ませんし。
呼べばくるのですが、テーブルの下にすぐに隠れます。
繁殖犬のころに歯の先をかけさせられたりしています。犬歯も先がかけています。
子宮も水がたまっていました。
左目もみえていないようです。
繁殖犬は心が病んでいる子もいるんですよね。
うちの子はだいぶ馴染んできましたが、まだまだです。 
繁殖犬はつらかったんですよね。
べべですよね? by ノアべべ母
お写真の黒いトイプードルの子、うちのべべですよね?
頭がボウボウに爆発していますが、立ち姿や口元から
うちの子だとはっきりわかります。
このお写真を見るのは初めてです。胸がキューンって
痛くなって、涙が溢れてきます。
私の、うちの可愛い可愛いべべがこんな風に
頑張って生きてきたんですね。
可愛くて可愛くて、毎日ちゅうしまくりですが、
もうMAXに可愛いのですが、べべの最後の一瞬まで
愛し抜きます。本当にうちのべべは最高に可愛い子です!!
ノア&ベベママへ by ショコママ
あの写真、そうです、べべですよ。
べべもボサボサで1番年寄りの犬って
言われました。なんでこんな年まで置いておかれたのかと
疑問になりました。長い間、本当によく我慢したと思います。
今、素敵なご家族に大切にされて、今までの分を取り返してると思います。
べべを見つけて下さってありがとう~!
りょうさんへ by ショコママ
いつも見て頂いてありがとうございます。
繁殖犬もその犬舎によってひどい扱いを受けてるところもあれば、
少なくてもご飯は十分に与えられ、お手伝いの人がケージなどを
きれいにしてくれるところもあります。逆にご飯も水もろくにもらえず、夏は冷房もないような灼熱地獄、冬は冷蔵庫のような寒い所にいるような子もいます。お腹が空いてなけば虐待され…そんな子はどうしても心が病みます。少なくても2年はかかると聞いたことがあります。それよりも時間がかかっているのはきっと深い傷があるんだと思います。ゆっくりと穏やかな時が過ごせるといいですね。
鍵コメさんへ by ショコママ
いつもエールをありがとうございます。
鍵コメさんのところに行った保護わんちゃんも強運の子です。
だって、ステキな飼い主さんの元で幸せなんですもの。
ブリもそんな飼い主さんを探してあげたいです。
Re: べべですよね? by ショコママ
> お写真の黒いトイプードルの子、うちのべべですよね?
> 頭がボウボウに爆発していますが、立ち姿や口元から
> うちの子だとはっきりわかります。

べべちゃんですよ~。とっても特色あるからわかるでしょ。
他の子はなかなか今見てもわからないのよ~。べべは絶対わかる!
痛かったね、涙 by ラブママ
ムース君覚えてます。
そんなことがあったなんて…

プードルカットのムース君も素敵でしたが、今のボンボン君もとっても可愛いですね。
幸せそうで何よりです。

うちの愛しのラブが載ってますね。
ラブもアゴで痛い思いをしたことでしょう。あまり上手に食べれず良く横から食べ物がこぼれちゃいますが、一生懸命食べてくれます。
小さい体で一丁前に生意気で我が家で1番偉そうにしてます(笑)
私もかなりな親バカですが、ラブが来てくれて、我が家は更に幸せになりました。
感謝で一杯です。
ラブも我が家に来たこと少しでも幸せ感じてくれてるといいな。
今度家族旅行するので、またラブ画像送ります♪
Re: 痛かったね、涙 by ショコママ
そう、色々なことを考慮して全部を載せてないことってあるんです。
預かりママの方もお子様がいましたしね。
今は幸せだから、もう良しと思ってます。
ただ、痛かっただろうな、と思うと本当に可哀相です。
よく頑張った本当に良い子です。
ボンボンくん by とろ
最近ブログを拝見させてもらうようになったので
以前の記事へのコメントで申し訳ありません。

自分の勝手な想像だとハサミでチョキッと…というよりドアや何かに挟んで壊死してしまったのかな?という感じもしました。

今はボンボンくん幸せだって事で何よりです!
ワンを保護する活動はどうやっても人との繋がりを持ってやっていかなくてはならない事だと思うので
尊敬しますし、応援します。
自分には到底できない事です。凄いなあ

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る