• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

老いについての未来予想図


☆日本ブログ村のバナーはどちらを押しても自動的に振り分けられます。
それぞれを押すと本日のジャンルでの順位がわかります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


ボランティアのお申込みは下記フォームから
(里親様の場合、その旨ご記入下さい。
里親お申込みの際の内容に変更がなければ簡単で結構です)
※下の写真からリンクしてます!
ボランティアお申込み


 ☆ご支援を頂くと助かります☆

●ドライフード:SOLVIDA 他添加物の少ないもの
●缶フード:デビフ缶 他添加物の少ないもの
●ドライ野菜、ドライおからなど
●トイレシート(厚手のものが助かります)
●わんこグッズ(ハーネス、リード、首輪、服など)
●ベッド(3~5キロ程度のワンコ用)


里親希望の方へ
「里親の条件」
をご一読下さい。
ご納得いただけた方のみ申込みフォームをご入力下さいませ。
☆お申込みフォーム☆
↓↓↓↓
申し込み2


里親募集中

●レーチェ(ポメラニアン白♀4~5才)4.7キロ。
フレンドリーで甘えん坊です。
人も犬も大丈夫です。
預かりママさんのおうちにいます。下の写真からブログに
飛びます。
☆トライアルが決まりました!

mini2P1340791.jpg

●パイン(チワワ ♂7才)2.5くらい。
最初の内だけビビリ犬ですが、数日すると人も犬も大丈夫に
なります。歯はないですが、ドライも大丈夫です。

※大阪に移動しました。関西周辺の方、パインをどうぞよろしく
お願いします!
※写真から預かりママのブログに飛びます。

パイン1


●ジュレ(ポメラニアン♀4~5才)2.5キロ
人は大好き、犬は多少好き嫌いあり
目は見えませんが特に不自由はしません。

※写真から預かりママのブログに飛びます。

ジュレ1


●ブリ(プードル♀8さいくらい)4.15キロ
穏やかな子です。無駄吠えもありません。
膀胱結石があります。今、療法食で治療中です。
ブリの全てを受け止めて家族になって下さる方を
探してます。

ブリ統合



募集予定のポメラニアン軍団です。
どの子もフレンドリーで攻撃性とかはありません。

●ミルキー(ポメラニアン♂クリーム、6才)3.5キロくらい

mini21410791654392.jpg

●ラテ(ポメラニアン♀チョコ&ホワイト、5才)3.5キロくらい

mini21410789998757.jpg

●豆花:トーファ(ポメラニアン♀クリーム、6才)4.5キロくらい

mini21410790004449.jpg



Heartbeat・・ハートビート
どうぞ、覗いてみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓
heartbeatS-thumbnail2.jpg
新作やカンガルーエプロンもお二人のブログから
ご覧になれますよ♪


本日の記事です。

今インターネットカフェで書いてます。
どうしてもスマホからでは時間がかかってしまい疲れてしまいます。

たまたま時間が出来たのでふらふら街を
歩いていて見つけたインターネットカフェでブログを更新することにしました。



ま~~つかいづらいパソコンだこと~!

周りはオタクっぽいお兄さんやらおじさんやら・・・



時間が出来たのは、母の外泊予定は本日の夕方5時まででしたが、イマイチ母の調子が良くないので弟夫婦と一緒に早めに病院に連れて帰りました。

病院に戻る、ということがイマイチ理解できない母・・・



前いた病院というのがどこかわからない・・・

「何という病院にいたの?」
「○×病院だよ」
「どこにあるの」
「○△×だよ」
「なんで病院に行くの?」
「体の調子が悪いでしょ?又入院していたところに戻るんだよ」
「戻るって、私病院にいたの?」
「そうだよ」
「どこも悪くないよ。何という病院に
いたの?」
・・・という感じで堂々巡りです。

そうかと思うと・・・

「私の隣にいたおばちゃん(母より若いが)は
目つきが悪いよ」とか
「病院にばかりいると病気になりそうで嫌だよ」と突然現状に戻るのです。



「でもね、トイレに行くにも息切れしてるようでは危ないじゃないの。病院で治さなくちゃ」

で、又・・
「え、病院って誰が入るの?」

「・・・・・・」
・・・という感じです。

そして突然に
「○○ちゃんの旦那さんの名前ってなんだっけ?」と いう質問をして ・・・・
「思い出せない・・・」といって首を傾げる母。

母の記憶と現実は迷路になっているのでしょう。そして迷路を歩いて迷って迷って、
不安になって突然元の世界に戻った時に・・・

今度は、そんな迷路を歩く自分に悲しくなる・・・

「母さんの頭の中はパーになったのかな?」
そう言って何度も悲しそうな顔をします。

※下は母が育てた茄子です。もう最後ですね。



そんな母の気持ちを思うと
私も悲しくなってきました。
つい先月にはわんこたちと一緒に元気に
ドライブを楽しんでいた母です。



母の1番の自慢は90になるまで病気らしい
病気をしたことのないこと、健康診断ではいつもパーフェクトと言われていたことでした。

だから、今の自分が信じられないし、悲しいに違いないのです。

明日はケアマネさんと弟の嫁様と3者面談です。
私が来たこの数日でも母の認知度度合いはかなり悪化してます。
そして体力も落ちてます。

今までは選択肢の中に介護認定度を上げてもらって一人暮らし、もあったのですが、もうそれは不可ですね。



今日はずっとそんなことを考えていて、
胃が痛い、心が痛いです。

カワイイ室内履きを買ってあげました。







今回母のことを思い、老いについてもたくさん考えました。
母のこと、これから訪れる自分たちのこと・・
そして愛するわんこたちのこと・・・

私のわんこ達は皆10歳近い子達です。



近年やはりよく寝てるな~と感じます。
よく食べるし、幸い保護わんとして我が家に来てから約4年の間に大きな病気もせず、元気に過ごしてくれてます。
母と比べるのはどうか、ですが
母と同じく元気が自慢のワンズです。



あの子達も母と同じく
いつ何が起きるか分かりません。
その時に、私が出来るだけそばにいて
あげられたらと思っています。


私がこんな活動をするなんて自分自身、
考えていなかったので、あの子達を引き取った時に描いていた未来予想図はかなり変わってしまっています。

私も母の老いを見ながら、
そこに自分のわんこの老いも重ね合わせ
いつまで今の活動ができるかな、と考えていました。

未来予想図は予想図ですから
想定外の出来事に描き変えざるを得なく
なります。

ただ、大切な命を受け取ったのですから
最期のその時まで、幸せに過ごさせて
あげたいものです。

飼う時にワンコと自分の年齢や
周りの環境を考えて、最期にはどんな風に
見送ってあげられるか・・・
そんな老の未来予想図を考えてあげて
欲しいですね。




最悪、未来予想図にはない何かが起きて
しまっても、あなたの受け入れたその子は
家族なのですから
あなたの出来る最良の方法で
どうぞ、守ってあげてください。



可愛いから、寂しいから、可哀想だったから
飼いたい・・・

その気持ちの前に・・・

最後まで、最期まで家族として
責任を取れるか

どうぞ、ワンズとの未来を想像していただけ
ますか

飼う段階で自分の年齢と犬の年齢を考えて
家族として迎い入れて頂けたらと思います。

※注 猿ではありません



獣医さんで70才は悠に過ぎてるご夫妻が
まだ数ヵ月のダックスを連れて診療を
お待ちになってました。
まるでお孫さんのようにそれはそれは
可愛がっていました。
とても微笑ましいお姿ではありますが

10年後、15年後にこのダックスちゃんは
どうなるんだろう・・・

そんな心配でいっぱいのショコママでした。



☆アンケートフォーム☆
掲載のわんちゃんにご興味のある方は
下記のわんちゃんをクリックしてアンケートに
ご記入下さい。

申し込み2

☆携帯やスマホからの場合、PCメールの拒否設定や
メアドなどの打ち間違いもあるようです。
あまりに返事が遅い場合はコメントを入れて下さい。


保護犬を知って頂く為に、ポチッとご協力お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
長文になってしまいました。 
こんにちは。
お母様の認知症症状は、入院という今までほとんど経験のない環境の中で、混乱し悪化し易い状態にあるのかもしれません。
骨折で入院を機に認知症悪化、寝たきり状態になる高齢者の方は多くみられます。
お母様が一番落ち着く環境・・・今まで過ごしたお家が心穏やかに過ごせる環境でしょうか。
でも 現実問題、今まで通りというわけにはいかない方もとても多い。
今後、トイレの動作やごはんの食べ方、着替え、お風呂の入り方など、忘れてしまうかもしれません。ショコママの名前・存在すら記憶が無くなる時間が出てくるかも。
例えば、自分の娘を愛人と間違えるおじいちゃんもいます。
私たちには未知の世界を生きているお母様、分からなくなり始めてる自分に気付いてる時間は優しく支えてあげて下さい。
完全に過去に戻っている時間などは、発言を傾聴して合わせてあげるのもいいのかも。現実にない話をすることもあるかも。
笑顔は相手を安心させます。赤ちゃんもそうですもんね。
お母様が今生きてる世界は、今後私たちが辿るかもしれない道。お母様の気持ちを想像することしかできません。だから、一緒にいる時は、あまり考えず相手に寄り添って接するのがいいのかな・・・と思います。
介護うつになるご家族もいます。ショコママにはワンたちも待っているので、どうか、ご無理なさらず、自分のペースで活動して下さいませ。
少しの経験から、生意気なこと言ってすみません。ショコママの気持ちが少しでも楽になりますように・・・。
  • パンキーママ
  • URL
  • 2014年09月21日(日)20:12 [編集]
クーたんママへ 
ありがとうございました。
本当に90才まで元気でいることが当たり前と思っていた
私の方がいつまでも子供だったんだと思います。
母に頼っていたんですね。これからは最後の親孝行を
したいと思ってます。
  • ショコママ
  • URL
  • 2014年09月24日(水)21:40 [編集]
Re: 長文になってしまいました。 
パンキーママ
まったくおっしゃられる通りだと思います。
私も今は子供も手を離れ、幸い自分自身はまだ元気です。
だから今は心に余裕があるのかもしれません。
多分、今親孝行をしなさい、という年齢なのだと思ってます。
母の残りの時間をできるだけ寄り添ってあげたいな、と
思ってます。ただ、遠方なので今後どうするか、悩み中です。
  • ショコママ
  • URL
  • 2014年09月24日(水)21:44 [編集]

トラックバック