FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

台風が去った!/わんこを飼うということ


◎公式ホームページ

募集中のわんこ情報、ふれあい会、フリマなどのイベント情報、預かりママのリンク集など全て載せてあります。

下のロゴからHPにリンクしてます。わんこのお申込みもHPからになります!

        ↓↓↓
HP紹介ロゴ



■次のイベント予定■

◎プチプチふれあい会 in 門前仲町

10月14日


第10回ふれあい会 in 小豆沢

mini20192019年9月10月11月ふれあい会ポスター_190930_0006




ハッピー犬屋敷のHP

HPには下記の他、殆どの事が載せてあります。
何か知りたい、と思われた方はHPをご覧になって下さいませ。

●募集わんこ
●リンク集
●イベントなどのお知らせ
●今必要としている支援品・フリマ用品のお願い
※緊急の募集はフェイスブックからお願いしております。
●医療費、活動費などのご支援のお願い
●ボランティア募集中!
●幸せ通信
●頂いたご支援品


◎その他、イベントについてはこちらを⇒◎イベントカレンダーその他、色々・・・・



お願い
フリマ用品を集めてますのでご協力お願い致します!
●100匹近いわんこがおりますので、フード、シートは常に必要です。よろしくお願い致します!
●肥満の子が結構いるので、ダイエット用のフードも嬉しいです!



本日の記事です。

台風が通り過ぎて行きました。
いや~今回は凄かったです。
ただ、ショコママの住んでいる地区は川が近くになかったので
水による災害はありませんでした。
又、山などもないので土砂崩れとかもなく、わんこ達は
皆無事に過ごせています。

そして、スタッフは勿論、スタッフに預かって頂いてますわんこ達も皆無事だったようです。

ホッとしたと同時にドッと疲れましたね。
昨日は朝からNHKのニュースをつけっ放しにしていました。


ですから、何度も何度も何十年に1度の

今まで経験したことのないような台風・・・・

そう刷り込まれています。
その上に、市からの緊急放送が危険を知らせる度合いがアップしていきます。
最初は、この辺は大丈夫、と思っていても、さすがに緊急避難勧告4・・・・

え~~~~

緊急避難勧告5・・・・

mini2019IMG_9503(1).jpg


え”~~~~

準備万端・・・大丈夫だろうと思っていても

mini2019IMG_9501(1).jpg

いやいやもしかしたら何かが起きるのかもと不安になってきます。
ですから朝からずっと緊張しているので台風が去った時は・・・・

ぐったり・・・・・・

自分達だけなら避難でも何でもしますが、このわんこ達を連れてどうしましょう、と思うわけです。
車でギュウギュウ逃げるにしても、こんなに大型台風だと、
どっちに逃げればいいの?って思いますしね。

mini2019IMG_9504(1).jpg


でも、ショコママは車をワゴン車に買い替えよう、と決意しました。
前から思ってはいたのですが、ワゴン車を運転したことがないのと
いくらかかるかな~とちょっと躊躇してました・・・が

わんこの命の保険だと思って、そんなことも言っていられない!

mini2019IMG_9587(1).jpg

mini2019IMG_9493 (編集済み)

新しいものに替える時ってちょっとドキドキするけど、
慣れるとどうということはないのよね(多分・・・)

いざとなったらわんこを全員乗せて、逃げるわよ~~!

朝になってテレビをつけたら、直撃と言われた関東よりむしろ
東北の方が被害が大きい!
沢山の町が水の被害にあっててびっくりしました。

コンビニ、車、家屋、そして新幹線が水没している。
あれがもしかして自分であったかもしれないんですよね。
「夢みたいで」と言われていた高齢者の方がいました。
朝起きて2階から外を見たら一面が川・・・・本当に大変だと思います。

まずはハッピー犬屋敷の里親様でこの度の台風で
被災されてる方がいましたら、あるいは被災されてる里親様をご存知でしたら
わんこは預かりますよ!ご連絡下さい。


それ以外の方でも水害で当分は家に戻れない、という方は
もしかしたらお力になれるかもしれませんので、ご連絡下さい。
サイズなどで無理な場合もございますが⇒ハッピー犬屋敷

ショコママが心配なのは、コンビニがすっぽり水没する程の災害・・・

mini2019IMG_9490(1).jpg


もし、ペットショップやブリーダーのわんこがそうなったら、と思うと心配です。
当然、人間優先で逃げますからね。
わんこを連れて逃げてくれるとは思わないです。

mini2019IMG_9506(1).jpg


311の地震の際も、ケージに入ったまま死んでいたわんこが多数いたそうです。
それがとても心配です。

何とか少しでも力になれることがあれば、と考えております。




話しは変わります・・・・

色々わんこにお申込みを頂いておりますが・・・・

特にペットのおうち経由で来ている方にありがちなのですが、

全然、里親になる為の条件をお読みになってない・・・もしくは
完全に無視してる・・・・方が多いのです。

そもそも・・・・・

なぜに里親になる為の条件を定めているのか・・・・

をご理解頂きたいです。

中にはトライアルも無し、避妊去勢もしたりしなかったり、
相手のお家も確認なしでわんこを譲渡しちゃう団体もあると聞いてます。

それは手っ取り早くわんこが欲しい方にとってはいいお話なのかもしれません。
それで、その方がとても良い方なら多分問題なくわんこは暮らしていけるのだと思います。

ただ・・・・当然色々な方がいます。
もし、その飼い主が犬を飼うには適さない方であったら・・・
もしかしたらブリーダーであったら・・・・

そう考えるとわんこの為にはどうなんだろうと思います。

ショコママ達がわんこの為に、ああだこうだと厳しい
ハードルを作っても、それでも多分100%のわんこが
幸せになってるとは思わないのです。

人生ってやはり色々なわけです。
今は良くても将来はわかりません。

でも、少なくても現時点でわんこの為に良い条件を
考えてあげてるわけです。

mini2019IMG_9582(1).jpg

それが里親になる為の条件なんです。

mini2019IMG_9589(1).jpg

それをお読みになってからお申込み下さい、と書いても・・・

mini2019IMG_9588(1).jpg

mini2019IMG_9590(1).jpg

そこからかなり外れた方からお申込みを下さる時があります。
保護犬に目を向けて下さったのは大変ありがたいのですが、

例えば、80過ぎの方に2才くらいのわんこは無理ですし、
2~3才のお子様のいるお家にもわんこの譲渡は無理です。

お子様の場合は、ある程度の年齢まで我慢させるのも
躾にもなりますし、わんこに対する思いやりかもしれません。

子供が望むから、うちの子は乱暴はしないから、
うちの子は優しいから・・・。
・・・と親御さんは書いてきてます。

でも、小さな子は親が思ってもいないような動きをすることもあります。
ショコママも3人子供を育てているのでよくわかります。

又わんこも同じです。これも又沢山育てております(^_-)-☆

前にも書きましたが・・・・

ショコママは幼稚園のお子さんがわんちゃんを無理やり
抱っこしようとして、嫌がるわんちゃんが飛び降りようとして・・・・
更にそれを子供が抑えようとして、その為に犬が
足を抑えられた形になり、頭から地面に落ちたんです。
そして、そのチワワは亡くなりました。

亡くなった子も穏やかなわんこ、抱っこしたがっていた
お子さんも可愛くて良い子でした。
でも、事故は起きたのです。
お子様の年齢と、わんこのサイズ・・・お子様のわんこの扱い方。

小学校に入っていても、低学年のお子様のご家庭に2キロ程度の
小さなわんこは基本無理です。

又、80才過ぎの方が2才の子を希望されて来たりしますが、
10年後、15年後のことをお考えになってるのでしょうか?

誰かが後見人に、と言われても、正直それはあてになるかどうかはわかりません。

これも、1度経験があるのですが、
親御さんは息子夫婦が後見人になってくれるから大丈夫、と言われたのですが。

後でお電話でお嫁さんとお話をしたら・・・

「姑さんに頼まれたので(嫁の立場として)一応OKしただけです。
でも、実際は無理です」とハッキリ言われました。
で、最後に・・・・

「そう言ったことは義母には言わないでね」って念を押されました。

多分、高齢の親御さんにわんこを買い与える方も、
親御さんに万が一何かあったら自分達がちゃんと見る、という
気持ちの人と、うちは飼えないわよ~、あるいは
その時はその時で・・という程度の人も多々いると思います。

親が施設に入ったので、と飼えなくなったわんこが沢山放棄されてるようです。

子供は基本あてにしちゃ駄目です。

ふれあい会にも実際にご高齢の方が「子供が・・・」
中には「仲の良い友人が」とか「ご近所の方が見てくれるから」
という希望者の方もいます。

それは・・・・

絶対に無理ですから。

基本、ご自身が最後まで面倒を見れるわんこを希望してください。

そして、お子様が小さい方は小学校に入るまで待たせる躾も大切です。

私たちは人助けの為にこの活動をしているのではなく、
わんこ助けの活動をしています。
なので、わんこの幸せを第一に考えてます。人には厳しいです。

mini201920199月_190922_0022


当然、人が幸せであってこそわんこを幸せに出来るのですが、
自分が今欲しいから、という気持ちの為だけにわんこを
手に入れるのではなく、本当に今わんこを迎えて、幸せに
してあげられるのか・・・・・

最期の時まで自分の手でケアしてあげられるのか・・・・・

それをお考えになって頂きたいと思います。

mini201920199月_190922_0041


まずは愛犬の最期を看取ってやれる自分でなくちゃなりません。

mini201920199月_190922_0035

そして、子供の学費だ塾費だ、でわんこの医療費もままならぬようでも困ります。

mini2019IMG_9528 (編集済み)

色々な面で余裕のある状態でわんこを迎えてあげて頂きたいのです。

mini2019IMG_9519(1).jpg

やっと自由になれたわんこ達が、2度と不幸にならないように・・・・・




産まれてくる子供は親を選べない・・・・・
ペットショップの仔犬も飼い主を選べない・・・・・

でも、保護犬は優しい飼い主を選んでもいいのよ!
って思って下さる方は
写真をポチッと&その下の拍手をポチっとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
関連記事

▲このページのトップへ戻る