• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

消化器の専門医の検査の予約/手作り療法食

☆キキの闘病中心のテーマの時は「キキ 闘病」というカテゴリーに
します。同じ病気の方の参考になるかもしれませんので。

みんなで一緒の時はいつもの「わんこ日記」で行きます。


昨日はキキの病気の状態をちゃんと把握したいと思い、
都内にある大学病院の消化器系の専門医の権威と言われる先生に
予約を取りました。来週の24日に連れて行って来ます。
今看ていただいている先生に所見を書いて頂く為と、それまでの
お薬を頂きに病院に行って来ました。

スリングに入って行きます。

DSC05023(400).jpg

地元の先生にお話しして、所見を書いて頂きました。

大学病院で検査結果と治療方針が分かったら、又地元で通いたいと
思ってます。
通うのも大変ですし、そこでキキに負担をかけたくありませんしね。

検査も色々あるようですが、1番確実なのは開腹して生体を取った検査、と言われますが
それが必要なのかどうか・・・

できればあまり苦しい思いをさせたくないし、薬漬けにも
させたくはありません。

そうならないことを祈りつつ、自分の意見もお話するつもりです。



今日はご飯はしっかり食べてくれます。

多分、お薬をしっかり飲んでくれるからだと思います。

その為には、他のわんこの協力が必要です。
キキだけにお薬入りの食べ物をあげると
「これ、なんか入ってるでしょ?」と疑惑の顔をして食べません。

皆を集めて食べ物・・・キキはいつものご飯に薬を混ぜた物、他の子は
自分達の普通のご飯を、それぞれの食事前におやつをあげるみたいに
「はい、キキ、はい、メイ」という感じであげると
競うように口が来るので、キキも取られまいとパクッと食べるのです。
1番やりやすいのはサツマイモに薬を混ぜた物、混ぜてない物で
順番にやります。時々間違いそうになりますが・・・

今のところ、毎回その手でうまくやってます。

お薬後のご飯です。

DSC05028(400).jpg

左は他のわんこ達の分です。

DSC05029(400).jpg

お昼のご飯です。

ささみとニンジン、キャベツ、かつおの粉、すりごまを
圧力鍋で煮てフードプロセッサーにかけたもの
左はささみと野菜のペースト、右は大豆の水煮を更に煮て潰した物
大豆は他の子の分も一緒に煮て、キキの分だけ別に潰しました。

DSC05056(400).jpg

これは他のわんこ達の分です。

DSC05058(400).jpg

これは夜ご飯です。

DSC05085(400).jpg

お昼にキキの分のストックを作りました。
2,3日分ずつだけ作ります。

DSC05065(400).jpg

冷凍保存、自然解凍です。

DSC05066(400).jpg

今日はだいぶ台所でご飯を待つようになりました。

DSC05053(400).jpg

昨日はご飯、毎回完食してくれました(*^_^*)

DSC05061 400



最近、ステロイドの副作用らしく、多飲多尿です。
そのせいか、オシッコが間に合わなくて変なところで
してしまうことがあります。

自分でもビックリしてます。

数日前、私のお布団におねしょがありました。
丁度その辺りにキキが寝てました。
ステロイドの副作用のブログを読んだばかりだったので
もしや、と思ってましたが・・・・

可哀相なのは、それを気にしてか自らトイレのそばで寝るんです。
いくら呼んでも来ないんです。

色々なブログやサイトを見ていて、「蛋白漏出性腸炎」が結構な
難病と段々分かってきました。

悲しいのは、この病気にかかるとあまり長く生きられないというような
事が多く書かれていることです。

この病気のわんちゃんを持つ飼い主の方は、皆さん、手作り食や
色々な努力をして、可愛い家族を1日でも長生きしてもらいたいと
頑張っておられます。

私も去年の5月に最愛のヨーキーを腎不全で亡くしたばかりです。
同じ思いをするのは悲しすぎます。

私にできることはやってあげたいと思います。
1日でも長く生きて欲しい。

ただ、薬漬けで生きるのではなく、キキが楽しんで毎日を送れる
ように・・・

私もキキと一緒に楽しい日々を過ごせる為に、できることはやって
あげたいと思ってます。

関連記事
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック