• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

キキの検査結果

キキちゃん、暑い中頑張りました。

110824_0947~01


私の行った病院は日本獣医生命科学大学の医療センターです。

110824_0946~01
110824_0946~02

最初は研修医の先生の問診がありました。その後、血液検査、尿検査
エコー検査などをします。
その間はお預かりで、約1時間半後というので、終わったら携帯に
連絡が来ることになってました。

お昼ご飯を食べて待っていたら、電話がなり大急ぎで戻りました。

検査の結果・・・
血液検査では地元の獣医さんでやったと同じように蛋白が出てました。
ただ、ものすごく悪い、というのではなく
いわばボーダーのような値だそうです。
エコーでも腸が腫れている、という感じはないそうです。

その時の説明で、キキはエコーで脾臓が腫れているから
もしかしたら腫瘍とかが
あるかも、と言われ、針のようなもので、脾臓の細胞を取って検査
してもらいました。
それで又1時間半待ち・・・
結果は問題なし、でした。多分ステロイドとかの影響だろう、と。

ただ、今回の注目点は腎臓の数値、BUNでしたっけ、この値が高い。

次回、腎臓の専門の先生と今回の消化器の専門の先生が診てくれるそうです。

問題はですが、ずばり食事です。
地元の先生は漏出性腸炎(リンパ拡張症)ということで、ステロイド治療、
食事療法で高蛋白、低脂肪の食事をメインに摂ってました。

が~~

腎臓だと今までの食事療法の真逆なことをしないとならない!

私のやってきたことって何?って感じです。

お薬のすべて変わりました。腎臓がメインの治療、となると
ステロイドがなくなりました。代わって抗生物質になります。

今回の受診の目的の1つが、ステロイドを使わないようになりたい、
なので、これからの2週間、ステロイドなしで頑張ってみます。

今日はもう、眠くてだめです。明日続きを書きます。

☆たまたま保護活動をされているNPOの愛護団体のV・O.V様の
保護活動のムービーを見て、泣いてしまいました。
ぜひ、皆さんにも見ていただきたくて下記と右上に載せました。
top-flash[1]


関連記事
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ショコママさん、おはようございます!!
そして、キキちゃん病院おつかれさまでした^^
よく頑張ったね☆

基準はアルブミンの数値ですよね?
ボーダーってことは2.5前後なのかな~
でも、ステロイドがひとまずでもきれたことってすごいです!!
ウチのは一年近くかかりましたわっ。
ママさんの愛情たっぷりご飯のおかげですね!!
そして、キキちゃんはやっぱりすごい生命力を持った仔なんだわ~^^

腎臓・・・ 食事や投薬などまったく違うんですね。
まったく無知でごめんなさいっ
もしよかったら、治療法や食事など教えてくださると嬉しいです^^

里親さん・・・ うちでは育ててあげることができなくて
ごめんなさい(>_<);
みんなに素晴らしいご縁がありますように・・・。
  • colonママ
  • URL
  • 2011年08月25日(木)09:19 [編集]

トラックバック