FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

パソコンが壊れた(T_T)

実は昨日、やっとこ受けていた仕事が終わり、あとは見直しだ~、という段階に
なって、突然プチンとパソコンが真っ暗に(@_@;)

分かります、この焦り!

ちょ、ちょっと~~~まだ納品してないんですけど(内心ブルブル)

最近、愛機のレッツノートが同じような現象が何度かあったので、外付けのハードデスクに
つないで6時間おきにバックアップは取っていたので全部が消えてはいませんが。

それにちょい前も嫌な予感がする動きをしたので、USBのフラッシュパスにデーターを入れ
しかもメールの添付でほぼ完成状態のものを自分自身に送っていたのです。

なので、一部消えてはいても、何とか復旧はできる、ことはできますが・・・

とりあえず、レッツノートのY5はしばし入院のようです。

多分、バックライトかそのケーブルの老朽化が原因ではないかと素人考えです。
もしくは基盤自体の損傷なら結構やばし。

データーは外部モニターを接続して、バックアップを取ろうかな、とか考えています。

とりあえずY5の先輩のY2(XP)を出して来て、色々入って動きがめちゃ遅いので
リカバリを決行!

やっとこリカバリDVDを探して来ました!

IMG_0306 (500x375) (2)

リカバリって普通はCDをか入れると勝手にやってくれるんだけどY2のは
DVDを入れても立ち上がらない(-"-)
BIOSの設定をDVDから読み込むようにしないとならないのだわ。

取説を読みながら、やっとこリカバリするも、何度もウィンドウズの画面で又
再起動を繰り返す(T_T)

いおい、頼むよ~~~

IMG_0304 (500x375) (500x375)


サポートに電話したら、マウスも抜いて無線LANを無効にして
再リカバリでやっとこできたけど、再起動して
又無線LANを有効にすると又動かなくなる((+_+))

Y2は当面ネットはつながずにやるか(T_T)

そうだ、レッツノートY2ってオフィスすら入ってないパソコンなのだ!

仕方ないからオフィスもインストールしないとならない。
そのくせ、普通のパソコンの2倍以上はするのよ。
今5万台くらいでもパソコンがあるので、それに比べたら4倍はするわね。

IMG_0307 (500x375) (2)

でも、やっぱりレッツノートがいいね~、サポートは完璧だしね。
こんな古いY2に対しても無料でサポートしてくれるのよ。

でも、無線LANは明日以降!もう、今日はお手上げ\(◎o◎)/!

・・というか、今日はわんずのトリミングもあったのでその送迎も忙しい!

だって、プリンがあまりにキャンキャンするので、途中でプリンを連れに
行かないとならないのです。

ついでにタントも連れてきました。

今回はプードル2匹のカットを変えてみました。
今まではテディベアみたいなカットでしたが、今回は
ちょっとプードル風なカットです。

目の下にバリカンを入れて、口の周りをふわっとしました。

IMG_0303 (500x375) (2)

プリンって本当に見た目はカワイイ・・・が分離不安症なのよね~

プードルにありがちらしいけど、ちょっと飼い主がいなくなると不安で不安でうるさいの。

IMG_0299 (500x375)

おかげで2往復するので、本来ならわんずがいない間に大掃除とか
できるのに、それもままならず、間にリカバリやらミル婆ちゃんのお世話やら・・・

1回目のお迎えから戻ると・・・

え、ミルク?

IMG_0294 (500x375) (500x375)

よく見ると・・・

IMG_0294 (500x375)

なぜか、亀がひっくり返ったみたいになっていて、足が上になっていて
起き上がれなくなって、そこで暴れまくっている内にうんPも出て
出血もしたみたいです。

でも、大きなけがはなく、多分口の中を切ったようです((+_+))

2回目のお迎えの後ですが・・・

IMG_0292 (500x375) (2)

今度は寝床のポールに頭を突っ込んで抜けなくなったようです。

痴呆になると、なぜか隅っことかに入って出れなくなるらしいです。
ミルクの痴呆の症状は、本当に絵にかいたような痴呆の症状です。

淡々と書いている自分が怖い(T_T)
・・・というか日常茶飯事になって来ているので・・・

IMG_0290 (500x375) (500x375)

でも、ご心配なく、今日も食欲はもりもりです。
ミルクは今まで食欲が落ちたことは一度もありません。

ビーグルのお手本だと思います(^_^;)

IMG_0251 (500x375)

その他のわんこ達については長くなるので次に続きます(続けて書きます)
関連記事

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック