FC2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

超老犬との生活

昨夜、更新しようと思ったのですが、数日続いた早朝仕事で
夜になると眠くて眠くてダウンでした。

今回はちょっとミル婆ちゃんのお話を・・・

ミル婆ちゃん、後ろの足は殆ど機能しなくなっています。
頭の中では歩けるとまだ思っているようです。

なので、ふらふらの足で、結構なスピードでぐるぐる回ります。

結果、足がついて来なくなり、途中で転んでしまいます。

転ぶと自分で起き上がれなくなって来てます。

P1000232 (500x335)

それが、うんPをする時に後ろ足が支えられなくてうんPの途中で
転んでしまったら・・・

そうなんです、うんPまみれになるのです。

そこまで行かなくても足で踏みまくり、しかも途中で転び
起き上がろうとして、さらにうんPを塗りつける、というのが
現状です。

今日も私の朝ご飯中にPの臭いが・・・・

やな予感・・・・が当たりました。

P1000361 (500x335)

まあ、うんPが出ないよりはマシよ、と思って頑張って片づけて
中断しているご飯を食べて、お茶を飲んでいると・・・

なんか、臭いぞ、ふたたび・・・\(◎o◎)/!

2度目のうんPふみふみでした。

老犬介護は、多分人間も同じなんでしょうが、下の世話が
大変です。

痴呆でも起きて歩けたら、あるいは寝たきりになったらおむつ、という
手もあるのですが、

IMG_3877 (500x375)

ミル婆ちゃんは起きて歩ける、しかしすぐ転ぶ、
しかも這いずり回る、という難点があり

IMG_3878 (500x375)

おむつをしてもすぐに取れてしまいます。

IMG_3879 (500x375)

でも、まだ最悪だった頃よりは幾分今の状態の方がいいとも
いえます。

昨年くらいは私が少しでも見えないと遠吠えのように鳴き続けるのです。

IMG_4239 (500x375)


あれには参りました。ビーグルは山の中で獲物を見つけると大きな鳴き声で
飼い主に位置を知らせます。
そのために声がエライデカイわんこなのです。

今も、勿論鳴きはしますが、体力的な問題で鳴き続けられなくなったでは、と
思ってます。それと、異常な私に対する執着も少し薄らいだのでは、と
思ってます。

一時期は病院から安定剤のようなものを処方して頂くほどでした。

まあ、そう考えると1日1,2回のうんP騒動はまだ楽と
思うべきでしょうね。

痴呆の老犬の症状でもう1つ・・・

たまたまブログを更新中にキュンキュンと声がするので見ましたら

P1000410 (500x335)

なぜにそんな狭いところに入るのかな・・・

P1000409 (500x335)

出すのも大変なんですけど・・・

P1000412 (500x335)

このところ、あちこち狭いところにハマるので目が離せません。

たまたま、先日キキを連れて大学病院に行った際に
両隣にいたかたが1人は17才のダックスちゃんを
先日亡くしたばかりの方、もう1人は17才になるシュナちゃんの
飼い主でした。

滅多にここまで高齢犬を飼っている、いた人が揃うことがないので
びっくりでした。

17才のダックスちゃんを亡くした方は、やはり徘徊と昼夜反転で
夜鳴きがひどくて参ったそうです。

今は痴呆犬専用のサークルもあるようです。子供用のプールや赤ちゃん用の
サークルもあるようです。どれも安全に作られていて、丸いのでぶつかることも
ないようです。

ミルクの周りの老犬は当然ながら亡くなったり病気になったり、が多いです。
殆どはミルクより年下です。

私もブログで行き来きしてます「TITAとわんこたち」のジュン君というビーグル犬が急に病に
倒れました。
お互い17才になって良かったね、という話をしたのがつい数か月前です。

我が家はミルクの他のわんこがみんな5~8歳くらいで似たり寄ったりなんです。

これから老いていくわんこを最期までしっかり見てあげる覚悟を再認識しないとな
と思っています。

愛護団体では高齢のご夫婦にはわんこを譲らないようです。

P1000347 (500x335)


多くの人の場合、できるだけ若いわんこを欲しがります。
でも、それが若い人が欲しがるのならいいのですが、自身が
高齢なのに若いわんこだと、もしかしたら、飼い主の方が先に
あの世に行く可能性があります。

たとえ1日でも、飼い主が長く生きてあげないと、その子は路頭に迷います。

犬を飼うのに、自分がいくつか、と考えて飼う必要もあるな、と思います。

そういうので保健所に持ち込まれるわんこ、多いんですよ。
もう、面倒をみれないから、と。

私はこの子達が全員虹の橋を渡った時、自分もいい年です。
そしたら、愛護団体などから高齢のわんこを引き取ろうと思います。

自分が最期まで見てあげられる年齢の子をね。

老いについて、わんこ共々、色々考えないとならないな、と又思う
今日この頃です。

愚痴やら、不安を長々と聞いて下ってありがとうございます(ー_ー)!!

「ハートのクッキーカフェ」更新しました。宜しかったら寄ってみて下さい!
関連記事

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
朝からお疲れさま~
この間ニュースでワンコの車椅子やってたけど、
ミル婆ちゃん車椅子つけたら余計危ないかなあ?
くるくるまわったら大変かな。
私も家の子が、にじの橋を渡ったらいい年だわ(笑)

そうしたら私も高齢の保護犬と一緒に暮らしたいな~

その頃は仕事しないで家にいれたらいいんだけど。
保護犬のサイトみると、お留守番の多い家はNGが多いから。
でもその前に立派に家の子を最後まで愛してあげないとね!
  • Lucu ママ
  • URL
  • 2012年06月12日(火)12:13 [編集]
 
こんにちは

ショコママさん ほんとうによく
お世話をされていますね
いつも感心して拝見しています
ミル婆ちゃんはとても幸せだと思います

介護しないといけない体になっても
一生懸命に生きようとするミル婆ちゃんに
とても胸が熱くなります

ショコママさんも無理しないで
ご自愛くださいね
  • レオンまま
  • URL
  • 2012年06月12日(火)17:04 [編集]
 
うん。うん。
そう言って、いつも、ショコママの記事を読ませてもらっています。
レオも、もう11歳ですから、人間にしたら、60歳定年といったとこでしょうか。
わんこ介護も、他人ごとではありません。
ショコママさんの、わんこ介護にあたる姿勢とか、考え方を知るたびに、たくさん、勉強させてもらいながら、すごいなって思います。
でも、自分も、愛犬が命を全うするまで、できる限りのことをして、そして、愛情をそそいであげたいと思っています。
ショコママさん、ありがとう。(*^-^*)
  • leoパパ
  • URL
  • 2012年06月13日(水)00:06 [編集]
老犬 
ショコママさん、こんにちはっ
ミルクちゃんのお世話、お疲れ様です。
私も 老犬の介護を覚悟しなくてはと改めて思うことが出来ました。
ろいずと もう一人、わんこ娘が居ます。
60代後半の両親に飼育をしてもらっています。
獣医さん、トリミングなどは私が
日常は両親が可愛がってくれています。
その子が後ろ足がふらつき始め、現在通院中です。
MRIなどさまざまな検査をしました。胸椎に自己免疫性疾患による炎症があるとのことでした。
下半身に麻痺が生じるので 下の世話は覚悟しました。遠吠え、昼夜逆転など ミルクちゃんの記事を
これからも拝見して勉強しておこうと思います。
ところで、我が家の保護犬は8歳と9歳(推定)です。近所のおばちゃんが以前犬を飼っていたので声をかけてみました。
「おばちゃんがこんな年なのに、犬まで年寄りじゃいやだわよ~」って言われました。
高齢の方でも、仔犬や若い犬を希望するんです。
同じような事が幾度かありました。
ショコママさんのおっしゃるように
私も、いい年になったときは
いい年の保護犬を迎えようと思います。
  • ろいずまま
  • URL
  • 2012年06月13日(水)14:07 [編集]
レオンママへ 
お返事遅くなりました。ミル婆ちゃん、確かに少し大変ですが、本人も一生懸命生きてるのは傍で見ていてよくわかります。自分も年をとったらああなるんだ、と気づかせてくれてる気がします。
  • ショコママ
  • URL
  • 2012年06月15日(金)23:26 [編集]
Lucuママへ 
車いすは考えたんだけど、あれはずっとつけてるわけではないみたい。1日にどれくらい、と決まっているみたい。それにミルクは痴呆があるから、又難しいのよ~。ありがとうね~。もっと年をとったら自分が面倒をみれる年齢の子を又面倒みてあげたいな、と思ってるの。
  • ショコママ
  • URL
  • 2012年06月15日(金)23:31 [編集]
Leoパパへ 
わんこの年齢って、本当に早く過ぎるの。年に4歳分年をとるからね。そして病気になったらあっという間、ということもあるし、今できることを一生懸命やったげるしかないですね~。目下の目標はミル婆ちゃん、ですが。
  • ショコママ
  • URL
  • 2012年06月15日(金)23:33 [編集]
はじめまして 
いろいろ検索してここへたどり着きました

我が家には16才と半年になるマルチーズがいます。おじいちゃん犬です。
幸い介護音まではいってないですが 最近頻繁にどこででもおしっこをするし お留守番をさせればゲージをうんPまみれにすること。。。。
小さい頃からゲージに入れてなかったので 普段はリビングではなし飼い状態なのですが そのせいでリビングのいたるとこでもらします。
ゲージの中ですることもあるんですけどね。

少し記事を読ませていただいたのですが やっぱりミルばーちゃんのようにゲージに入れておいたほうがいいんでしょうか。。。。でも閉じ込めたせいでストレスになってしまうかとも・・・
まだ夜鳴きもないし、うんPも自力でできる、歩ける。走れる。食欲はあって病気もない。

でも、このどこででもするおしっこの掃除に 旦那と追われる日々に疲れてしまっています。
なんといっても、5月7日に赤ちゃんが生まれたんでそっちの育児にも追われる日々・・・。
正直参っています。

今朝は4時ごろ旦那と2階で寝ていたワンコ。
フローリングをおしっこの海にしていたらしく 旦那が一人始末をしてくれてたようです。
私は1階で赤ちゃんと寝ていたので 

これから先赤ちゃんが動き回りだしたら どうしようと心配がつきません。
  • 紫苑
  • URL
  • 2012年06月21日(木)13:23 [編集]
紫苑さんへ 
赤ちゃんと介護が重なると大変ですね。
もしよろしかったら、鍵コメでメアド教えて頂ければ、こちらからメールさせて
頂きます。いかがでしょうか?ショコママ
  • ショコママ
  • URL
  • 2012年06月21日(木)14:16 [編集]
ビーグルの介護 
私もいまビーグルメスの介護をしています。
お写真を拝見したら、なんだかおんなじような感じでちょっとホットしたような。。。
足が最近は前に伸びてしまって変な姿で座り込み、おむつの問題はもちろん一番悩ませるのは夜泣き。。働いているので夜寝られないのはすごく辛いです。何回かは安楽死も考えたりしましたが、多分ギリギリで無理だと思います。
ビーグルにしてはおとなしく飼いやすいビーグルだったので、ここに来て今までおとなしかった分が爆発したのかとおもい、諦めてます。
。隅っこにはまり込み、わおんわおん泣いているのも同じです。
ただうちはマンションなのでお近所にいつ苦情を言われるかで、声を聞くたび胃が痛みます。
となりの住人の安眠まで奪う権利はないので。。

この問題は苦情を言われてから考えますが。。
同じ悩みのある方が前向きに頑張っておられるので
私もあと少しこの子に付き合い見送ろうと思います。

  • あこさん
  • URL
  • 2013年02月28日(木)08:21 [編集]
あこさんへ(ビーグルの介護) 
あこさんの今の状況とても良くわかります。実はご覧になったのは去年の記事だと思います。
去年の秋にビーグルのミルクは亡くなりました。18才目前でした。

何かありましたら、いつでもご相談にのりますので、サイドバーのメールフォームから
メールをくださいませね。

今は名前を変えていますが、アメブロの「あたたかいおうちへ」の去年の9月より前が
ずっとミルクの介護日誌を書いてました。
結構壮絶だったので、ご参考にみて下さいませ。
こちらのブログではあまり大変な部分は書いてなかったかもしれません。
  • ショコママ
  • URL
  • 2013年02月28日(木)23:23 [編集]
ありがとうございました。 
ショコママさん。おへんじありがとうございました。ミルクちゃん亡くなられたんですね。お悼み申し上げます。ミルちゃんそっくりのうちのビーグルは、リナちゃんといいます。

このブロクに出会ったのも何かのご縁でしょうか。あーそうだな最後まで前向きに頑張ろうと思い直し
今朝ずっと抱っこしてから仕事に行き、帰ってきて
様子がおかしく、ずっと添い寝をしてましたが
先ほど夜中の2時くらいでしょうか息を引き取りました。
覚悟は出来てはいましたが、悲しくて悲しくて寝れません。
どれほど私たち家族のことを見守ってきて愛してくれていたのかと思うと、涙が止まりません。
今日一日位どうして仕事を休まなかったのか、後悔してやみません。
今気がついたことがあります。何が大事なことなのか、リナは教えてくれたんだとおもます。
本当に本当に優しくて賢い犬でした。それだけに私が大変な時は我慢してくれていたんです。

先ほどウトウトしたとき何度も夢の中で私を綺麗な澄み切った目で舐めに来たんです。
ショコママさん。
大変なこと沢山有り疲れることもあると思います。
でも私はとても尊敬します。
ご自分のお体もいたわってね。とミルクちゃんも願ってると思います。
またブログ見せていただきます。
ありがとうございました。
あこさんへ 
昨日の今日でしたね。ショックで胸が痛くなりました。
メールをさせて頂きますね。
  • ショコママ
  • URL
  • 2013年03月01日(金)23:50 [編集]
 
初めまして

私も保護犬2匹最期は痴呆でお世話しました。

うん●踏み踏み祭りされました~

はじめのコロちゃんは生後一ヶ月のときに保健所行きのワンコで最期は心臓と悪性リンパ腫と痴呆で
3年ぐらい介護しました。

約19歳まで楽しいことばかりでした。

バイスくんは殺処分寸前のところレスキューされたワンコでしたが最期は心臓と痴呆で介護しました。
元気な時が少なかったけど可愛かったですよ。

最期は人間もわんこも下の世話になります。

大変ですがどんな姿になっても楽しい思い出が
ある限り最期まで看ることが出来ました。

私は自分の年齢を考えてワンコは飼うことを
断念しました。

老犬、手がかかりますが可愛いです。

  • コロリン
  • URL
  • 2014年10月17日(金)13:35 [編集]
コロリン様へ 
年齢だけで諦めず、わんこの年齢、ご自身の年齢を考えて
最後まで飼えるのなら問題はないと思いますよ。
70才の人が子犬を飼うのは駄目だと思いますが、
60才の人が8才、9才の犬を飼うのはありだと思います。
  • ショコママ
  • URL
  • 2014年11月02日(日)23:52 [編集]

トラックバック