fc2ブログ

  • ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

しずく婆ちゃんと保健室のご飯事情


下のロゴから公式HPにリンクしてます。わんこのお申込みもHPからになります!
        ↓↓↓
2021ハッピー犬屋敷300


ショコママインスタグラム
募集わんこ
●リンク集
●幸せ通信
物資応援のお願い
Amazon欲しい物リスト・・・・アマゾンから物資がダイレクトに送れます
(※ギフト設定にして下さいませ。しないと送り主様のお名前が表記されません)

💠公式ショップ

ハッピー犬屋敷ハンドメイドショップ・・・第2、4木曜日新規出品 
intimite'(アンティミテ)・・・不定期にオープン



●2022年 イベント日程(予定)

【横浜方面】7月プチハピふれあい会

日時:2022年7月2日(土)13時00分から16時00分
場所:バディ動物病院隣り(横浜市港北区大倉山2-7-47(105)
※参加わんこ等詳しくは⇒プチパピふれあい会

🍑「プチふれあい会in dog salon あんずのおうちの」🍑

埼玉県所沢市のトリミングサロン『あんずのおうち』にてプチふれあい会を
開催させていただけることになりました🤗

日時:2022年7月10日(日)
10:00ー14:00
住所:埼玉県所沢市上新井2丁目43ー1

※予約制です。
参加わんこ等詳しくは⇒プチふれあい会



●医療費のご協力をお願い致します。

手術の必要な子、難病を抱えた子、定期的、
長期的に治療や投薬の必要な子達に高額の医療費が
かかっております。少しでもご支援を頂けるとありがたいです。

mini2021LINE_ALBUM_ご支援お願いアイキャッチ_220527_0

お振込頂いた際は happyinuyasiki111@icloud.com まで
ご一報頂けると幸いです。





本日の記事です。

シート、オムツ等のご支援をありがとうございました。
沢山頂いて大変助っております。
わんこが沢山いるととにかく消費が激しいですからね。
預かりママさん達にお配りしております。



又数日空いてしまいました(;^_^A

保健室、何だかんだと忙しいのです。

保健室と言っても小児病棟~介護老人施設まで
面倒見てるのでかな~り大変です。
シェルターとは違うので、事務、給食、用務員さんまで
ほぼ1人でやるしかないですからね。
勿論おっちゃんも忙しい時は手伝ってくれますが、
普段は1人です。

保健室の介護老犬代表はプリンですが、
しずく婆ちゃんも最近は痴呆がかなり進行して
徘徊を始めました。
ずっとではなく、元のお婆ちゃんに戻ることもあるのですが、
フラフラと歩き回るのが止まらない時も増えて来てます。

しずくは本当に可愛い子で、ショコママが夜どんなに
遅くなっても、2階に行く時間になると起きて
待っていてくれます。
その代わり、朝は起きてこないでお昼近くまで寝ていて、
午後から活動を開始してます。
たまに甘えに来たり・・・・

mini2021IMG_0495 (編集済み)

フラフラ歩いてて、たまに狭い所に入り込んで出れなくなったり(;^_^A

mini2021IMG_0422.jpg

あとはご飯食べて、出すもの出したら殆ど寝ています。

mini2021S__17211451.jpg

可愛い、可愛いおばあちゃんです。

mini2021mini2021S__17203246.jpg

今、台風4号が近づいている、とテレビでやっています。
低気圧や台風などが来ると、保健室のわんこ達は
ドドッと不調になりますしね。特に台風は凄いです。

特に今はコニョが居るので、ドキドキしています。
今朝もなんか元気がなくて心配してました。
その後、酸素室に暫くいたので、今は幾分良くなったかな、という感じです。
心臓に爆弾を抱えているので目は離せないんですよね。

mini2021S__17211477.jpg

先日、オヤツを配っていた時に急にコニョが
仰け反って倒れました。
おそらく、オヤツを貰うことで興奮したのかもしれません。
幸い、ほんの1分程度で戻りましたが、流石にこにょくらい
悪い心臓だと「どうしよう!」とあたふたしてしまいました。

これはこにょのご飯です。一応、口蓋裂があると仮定して
丸っと飲み込めるサイズにカットしてます。
べちゃっとしていたりすると口蓋裂の子は
上顎の隙間から食べ物が鼻の方に出てしまうので、
あげない方がいい気がします。
前にも口蓋裂の子がいたのですが、いつもくしゃみしたり
お水の飲み方がおかしいなと思っていたのですが、
避妊の時に口蓋裂とわかって、お水は給水器から飲ませる
、食事は丸っと飲み込めるがある程度サイズのある
ドライフードのみにする、にしたら、くしゃみなども止まりました。

ただ、こにょの場合は体がかなり小さいのと顎がないので、
サイズのあるドライだと飲み込めないとか、喉つまりも
怖いので難しい。
逆に極小粒だと鼻に行く可能性がある。
なので、ご飯を調整してサイズを小さくしてあげてます。
これだと何とか鼻には出て行かないような気がします。
パウチのシュプレモ仔犬用を使ってるのですが、
パクッと飲み込める1口サイズにしてます。
あとはマグロのお刺身、サツマイモ、お野菜等。
もう少し工夫が必要かな・・。

mini2021mini2021S__17203241.jpg

ちなみに・・・・お肉アレルギーのメムは・・・・
(半生)マグロとカツオ(煮)がメイン+お芋と野菜です。
真ん中はご寄付頂いたデビフのお魚の缶詰です。

mini2021mini2021S__17203260.jpg

一般の皆様は今日は鹿肉がメインです。

mini2021mini2021S__17211435.jpg

仔犬達・・・・大人とほぼ同じですが、ドライも使ってます。

mini2021S__17211437.jpg

門脈シャントのキューちゃん
マグロのお刺身とお野菜です。

mini2021S__17203240.jpg

しずく婆ちゃんは柔らかい老犬食・・・・缶詰に色々潰して
入れてます。

mini2021S__17211431.jpg

この他に、ドライとITIしか食べない左門君ですが、それなら
食べると分かったので特に問題無し。

※平君の後ろにいるヨーキーです。

mini2021IMG_0710 (編集済み)

相変わらず側に付いてないと食べない偏食の椿、
同じく偏食の宝、食ムラがあって今保健室で経過観察の霞ヶ丘。

メニューは皆とは別で、様子を見ながら毎回変えてます。

あんなに食べなかった椿も最近はかなり安定して
食べるようになりました。
相変わらず「わたし、たべないかも~」の姿勢を最初は
取りますが「お腹がいっぱい=幸せ」を体が覚えて
しまったので、ご飯を食べようという意欲が満々に
なってきました。
ご飯を用意してると皆と一緒にそわそわしてます。
だから、食べない子は食べられるものをまずはあげる。
少しずつ少しずつ食べれるものを増やしていく。

椿も来た当初は全く食べず、数日かけてロイカナの
ドライを数粒食べるようになり、それから同じく食べない
六月と一緒に焼いた牛肉、鶏皮、豚肉と色々トライして、
焼いたお肉系ほぼOKになり、少しずつそこにドライを
よーく混ぜても良くなり、最近は煮たお肉もOKになり、
缶詰も少しはOKになって来てます。
煮たお野菜もお肉に少し混ぜ込んでもそれなりに食べます。

ただ~

まだ皆と同じご飯は無理だと思います。
他の子は野菜も多いですからね。

mini2021IMG_0549.jpg

なかなかの・・・・
可愛い顔した頑固ちゃんです。

mini2021IMG_7406.jpg

あと、ショコママが側を離れるとピタッと食べるのを
やめてしまうのが困る~。

仕方ないので、今は皆と離したキッチンにて、
左に椿、右に宝を置いてお付き合いし、
終了後に霞ヶ丘という感じであげてます。

その方々が終ったら、自力で食べれない豆とプリンの介助食。
そして伊香保のインシュリン・・・が終ってやっと朝のご飯
タイム(わんこ)が終了なのです。

そんなことやってるので、あっという間にお昼。
↑の片づけをして、おっちゃんにはお昼ご飯を作りますが・・・・

mini2021mini2021S__17203254.jpg

自分はこんなんだったりします( ´艸`)
食べる時もありますよ、勿論。

ショコママはセブンのしろくまとハーゲンダッツの
マカデミアナッツが大好きで、冷凍庫に必ずキープです。
よくお出掛け先の車の中でもしろくまは登場します。

mini2021IMG_0629.jpg

アイスを食べてお昼を食べて事務的な事をして、
ブログを更新したら(出来たら)もう晩ご飯の準備ぎりぎり。

まだやることが沢山残ってて追い付かない(;^_^A

そして今週は又忙しい。
明日はこにょ、以前保健室に居たビション兄妹の
ジュジュとウッキー、留萌を連れて大学病院に行って来ます。

明後日はメムを大学病院の検診。
同じ病院なんですが、診療科によって曜日が違うんです。

そして明々後日は豆の高度医療センターでの診察。

疲れるわ~考えるだけで。



みんなの体調が悪くなりませんようにm(__)m
ショコママもダウンしませんように~!

本当だね~思って下さる方は写真をポチッと&その下の拍手をポチっとお願いします!

1日1回ポチっとが有効です。
ポチしたらそれぞれの順位が見られます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る